福岡大

      






分詞 as 主語 do

これは
分詞構文の分詞を強調するための特殊表現です。これまでの出題傾向から、「分詞 as 主語 △」の△には「do」「does」「did」のいずれかが来ると覚えて差し支えないでしょう。これらは助動詞編で述べた代動詞です。また、受身の分詞構文ではこのかたちが使えません。

訳例
「このとおり〜なので」
「なにしろ〜なので」など
※日本語に訳さない場合もあります。
例文
 Knowing as I do the fact, I don't want to go there.
  なにしろその事実を知っているのだから、そこへは行きたくないよ。
  
「Knowing as I am」は不可。

Standing as it does on the hill, this house commands a fine view.
  このとおり丘の上に立っているので、この家は眺めがよい。
  ※「Standing as it is」は不可。
● 最初の例文の「do」には「know」の意味があります。
接続詞を使って書いたら「As I know the fact, ・・・」となることからもわかるように、分詞構文に進行形の意味はありません。従って、be動詞を使うことはできません。

● あとのほうの例文の「does」には「stands」の意味があります。
接続詞を使って書いたら「As it stands on the hill, ・・・」となることからもわかるように、分詞構文に進行形の意味はありません。従って、be動詞を使うことはできません。
(建物が立っている場合は、それが一時的なものではなく日常的な状態になっているため、進行形にすることができないのです。)

● 「分詞 as 主語 do」の「主語」は、主節の主語と一致します。




では、受身の分詞構文の分詞を強調したいときはどうするのでしょう。次のかたちを使います。

分詞 as 主語 be動詞

訳例
「このとおり〜なので」
「なにしろ〜なので」など
※日本語に訳さない場合もあります。
例文
 Hidden as it was by the grasses, the ball was difficult to find.
  なにしろ草に隠れていたので、そのボールは見つけにくかった。
● 意味を取るときは一度「as it was」の部分を消してみるとよいでしょう。

● 受身の分詞構文のときは「as 主語 be動詞」になります。

 「分詞 as 主語 be動詞」の「主語」は、主節の主語と一致します。



「-ing as 主語 do」のかたちに慣れよう〜



文脈上、臨時に短期間だけ田舎暮らしをしている・していたとは思えませんから、「live」には進行形の意味がないと考えるのが妥当です。

さらに、受動態の分詞構文ではありませんから、be動詞の選択肢は誤りだと判断します。よって、「do」が正解となります。

問題文≒As I live in the country, I seldom have visitors.






他の章
も購入したい場合は、
こちらからお申し込みください。

Copyright
(C)アストロ英語スクール
 
All Rights Reserved